2016年8月26日金曜日

生石高原&あらぎ島

昨日は、9月に皆で行く大人の遠足の下見のため、生石高原に行ってきました。

先日一度下見に行ったんですが、なんかもっと楽しいことがないかなあっと思って2度目の下見に。

まずは生石高原へ。

この日、下界ではまだまだ残暑が厳しい状況でしたが、生石高原は涼しい風が吹いていて気持ち良かった~!

体感温度23℃ってとこかな。


前回、下見に来たときに気になっていた「笠岩」。

なんでも、弘法大師が置き忘れた笠が岩になったとされる岩で、登ってはいけないと思っていたんですが、どうやらフリーだと知りましたので、ちょこっとロッククライミング!?





今回はトレッキングは無しなので、高原でちょっと休憩したのに、次はあらぎ島へ。

あったあった!!

生石高原から車で30分のところにある田舎町なんですが、江戸時代からある扇形の棚田が有名で、写真で見たままの棚田がありました。

実物綺麗かったですよ。


また、9月6日はイルミネーションのイベントもあるようです。



この地区は、朝日夕陽百選にも選ばれてるみたいです。

こんな綺麗な田舎町だと朝日夕陽が本当に綺麗だろうなあ。



お昼ご飯は、あらぎ島にある道の駅で。

韃靼(だったん)蕎麦定食を注文したんですが、付け添えの切り干し大根の量がメインの蕎麦とほとんど変わらない(-_-;)

こんな付け添え、人生で初めてかも。

韃靼蕎麦って、苦味があるって言われてるみたいですが、全然気にならなくて、蕎麦の風味がきっちり出てて美味しかったです。


帰りに二川ダム湖にかかる蔵王橋を歩いてみました。

よく揺れるし、下のダム湖は丸見えなので、高所恐怖症の妻は待機。

でも、橋の真ん中からの景観がとっても綺麗かったです。


この日、気になるところを走り回って無事帰宅。

疲れたけど、今まで行ったことのないところばかりで新鮮でした。

今度の大人の遠足も楽しみです。

2016年8月19日金曜日

大台ケ原

昨日は、カイロプラクティックの仲間、通院者さん、妻の合計6名で、念願の大台ケ原に行ってきました。

大台ケ原駐車場に到着した時点では曇り。

涼しくて気持ちいい!




そして、張り切ってスタート。

道は綺麗に整備されていて、危険箇所などはまったく無し。

ただ、石の多い道なので、普通のローカットのスニーカーでは捻挫する恐れあり。

でも、スギを植林した山とはまったく違って、人が歩くコース以外は、できるだけ自然のままの状態を保存しているので、なかなか変化のある風景を楽しめます。


これこれ!!

大台ケ原と言えば、木々が立ち枯れしたこの風景。

やっと直接見に来ることができました。



新婚の仲間一人を除いて、ぼちぼち立ち枯れの年になるメンバーが、立ち枯れと一緒に記念写真(^-^)



まだ生きている木も、なんだか今までに見たことのない様相をしていて、見応えがありました。


途中の東屋でランチ。

コンビニで買ったおにぎりだったんですが、山で食べると、その美味しさが2倍になるんですよ。




ランチのあとは、もう一つ有名な「大蛇蔵」へ。

崖に突き出た大きな岩の先端。

わたしも張り切って先端に行ってみたんですが、「これは、あかんあかん(>_<)」

すぐに戻ろうとするんですが、足がすくんでしまって、なかなか戻れません。


次は通院者さんが挑戦。




すごい!

先端まで行って、余裕で崖の写真撮ってる(-_-;)

やっぱり、色んな経験をしてきた人は度胸がすわってますね。



今回、ガイド役をしてくれた仲間は、岩の先端で楽しそう。


大蛇蔵で肝を冷やしたのち、帰路へ。

途中、自然のシカに遭遇。

どうもお腹に赤ちゃんがいるみたいでした。

可愛かったなあ。


河原で一服。

水の色も透き通ってて綺麗でしたよ。


そして、吊り橋を渡って、最後の上りへ。


無事、駐車場に帰還。

今回のコースの所用時間は約5時間。

バリエイション豊富なコースで、雨も降ることなく、気持ちよくトレッキングを楽しくことができました。

今までネットや雑誌でしか見たことがなかった風景を直接見ることができて大満足の1日でした。









2016年8月6日土曜日

ゆたか茶屋に

先日は、久しぶりに粉河にある「ゆたか茶屋」に行ってきました。

当院が主催している大人の遠足でも2回お邪魔をして、色々とお世話になったお店。

初めてお世話になってから、奥さんとはお手紙のやりとりをしたり、お店に遊びに行ったりしています。


マスターからは、体の相談とかも聞いていたので心配でしたが、調子も良くなってきているみたいで、お二人とも元気で良かった!!

正直言って、どこにでもある食堂といった感じだし、標高700mのところにポツンとある不便なところなんですが、なんかいつも気になってて、たまに行きたくなるんですよ。このお店。

そして、お二人とお話するのが楽しくて!

たぶん、このお店に来るお客さんは皆一緒じゃないかな。


こうして山々の風景を鑑賞しながらお茶が飲めるんですよ。


お店のお二人と他のお客さんと楽しい時間を過ごしてると、一人のサイクリストがやってきました。

朝に一度来店したみたいなんですが、再び来店。

話を聞くと、「七葛(ななかつ)」といって、このお店の隣にある和泉葛城山に通じる七つのコースを一日で制覇するというハードなチャレンジをして、無事制覇してきたみたいなんです。

わたしもサイクリストの端くれなんですが、以前あるコースを自転車で上って山頂までは行ったことがあったんですが、その勾配のきつさに、それ以後は行っていません。

一つのコースをヒルクライムするだけでも必死なのに、すごい!の一言。


この日、ゆたか茶屋のお二人の元気な姿に会えて、七葛制覇したサイクリストとは自転車の話で盛り上がって、楽しかったなあ。