2017年7月21日金曜日

ラック作り


昨日は、家のラック作り!

今回使った材料は、幅80mm×長さ2000mmの杉。

反りがけっこうあって、表面はザラザラのままなんですが、なんと1本98円(税抜き)!!

まあ、家のちょっとしたラックを作るだけなので、これでいいか!

っと、ロイヤルホームセンターで12本買ってきました。

とにかく、表面がザラザラなので、サンドペーパーで軽く粗だけをとるつもりだったんですが、磨けば磨くほど、どんどん綺麗な木目が出てくる!

あかん、あかん!!

どんどん綺麗な木目が出てくることに快感を覚えてしまって、いつの間にか時間を忘れて、とうとう12本全部を綺麗に製材してしまいました。


以前から気になっていた家の壁。

電話機の位置を替えたので、電話機の跡が残ってて、その跡を隠す方法はないかと思案してました。


そして、出来上がったのが、これ!

次いでに、帽子掛けも作って、ホワイドボードを取り付けてみました。


今回、あえて癖のある木目が出てる材料を選んで作ってみたんですが、ロハス風というか、アンティーク風というか、想像以上の出来上がりに大満足!

DIYを思いっきり楽しんだ1日となりました。




頭痛・めまい・自律神経失調症専門院
ケニーカイロプラクティック
〒599-8251  大阪府堺市中区平井25-2
TEL:072-201-8240

2017年7月19日水曜日

愛南ゴールド


先日、通院者さんが愛媛愛南町特産の「愛南ゴールド」をいっぱい持ってきてくれました。

品種名は「河内晩柑(かわちばんかん)」と言って、日本の柑橘類の生産量の1%もないとても希少な果物。


果汁が40%もあるので、かなりジューシーで、程よく酸味があって、本当に美味しかった!!

今、朝にいただくことにしているんですが、本当に贅沢な朝食!

愛媛は、やっぱり柑橘系の果物を育てるのには、本当に恵まれた場所なんですね。




頭痛・めまい・自律神経失調症専門院
ケニーカイロプラクティック
〒599-8251  大阪府堺市中区平井25-2
TEL:072-201-8240

2017年7月10日月曜日

ガレージ・リトルへ


昨日は、愛車フィアト・パンダのオイル交換のために、東大阪のガレージ・リトルに行ってきました。

オイル交換だけなら近くのショップでもいいのかも知れませんが、なんか愛車を購入したガレージ・リトル以外で愛車のメンテナンスをお願いする気になれなくて。

それに、たまにガレージリトルに行くと、色んな旧車と出会うことができるので、それも楽しみなんです。

わたしの愛車の右にあるオレンジ色の車は、あのルパン三世が乗ってたことで有名なフィアット500(チンクエチェント)。

また、ショップの奥には、色んな色のフィアット500があり、


さらに奥には、元気に走り回れる日を楽しみにしている、レストア中のフィアット500がいました。

フィアット500は、こんな小さなボディーで車体価格が220~260万円。

でも、もう走らないところから、ピカピカにするんだから当然かな。



外には、横浜のオーナーさん所有のアウト・ビアンキ。

この車も乗ってみたいんですよ。

ガレージ・リトルに聞くと、この車、大人しく走ってると、もうスカスカで全然走らなくて、トルクを上げて走らないとダメみたいなんです。

1000ccに小さなボディー、可愛いデザインなんですが、中身はイタリアのじゃじゃ馬らしいです。

そんな話聞くと、ますます乗ってみたくなる!!


そして、珍しい車がメンテナンスのために来てました。

シトロエン2CV6。

この車、ガレージ・リトルは、べた褒め!!

600ccで軽量のため、なんとリッター20kmで、高速走行してもすごく安定してるので、日本国中どこにでも行けると、大絶賛の1台!


ここ近年、エコカーという車が巷をよく走ってますが、本当にエコなのかなあ?っていつも疑問に思うことがあります。

こういう旧車を気に入って、いつまでも大事に乗るほうが本当のエコのような気もするし。

旧車に興味のある方は是非、ガレージ・リトルに行ってみて下さい。

旧車=すぐに壊れるというイメージがあると思いますが、ガレージ・リトルの車は大丈夫!

きちんとメンテナンスもしてくれるし、安心ですよ。

ガレージ・リトルのサイト





頭痛・めまい・自律神経失調症専門院
ケニーカイロプラクティック
〒599-8251  大阪府堺市中区平井25-2
TEL:072-201-8240