2017年1月13日金曜日

ゴミ箱完成!

もう数年気になっていたゴミ箱。

現在のところに引っ越ししてきて、とりあえず買ったキッチンのゴミ箱も蓋が壊れたので、今度は気に入ったのを探そうと、ネットやら店頭で探すも、ぜんぜん気に入ったのがなくて。

っということで、自作することに。



今まで使っていたゴミ箱はフットペダルで蓋の開閉ができるタイプだったんですが、その蓋が壊れてしまって。

それに、容量が小さいので、いつもゴミが溢れていました。

しかも、プラスティックはゴミ袋に入れて、ゴミ箱の奥に放置状態。


そして、ゴミ箱完成!!

我が家では、シンクにディスポーザーを付けているので、生ゴミが出ないから、蓋はとりあえず無しに。

そのほうがゴミを入れやすいですからね。


2017年1月4日水曜日

謹賀新年!!

あけまして おめでとうございます!

年末は一応31日まで施術の受付けをしていたんですが、毎年29日以降はのんびりした時間を過ごしていましたが、去年はぎっしり予約が詰まって忙しくしていました。

でも、皆さんがすっきりした気分で新年を迎えるお手伝いができて、わたしもなんかすっきりした気分で新年を迎えることができました。

そして、元旦は特に予定が無かったので、人生初の元旦トレッキングに行ってきました。

行き先は金剛山!

今月の大人の遠足は金剛山なので、下見も兼ねて行ってきました。

朝からとても気持ちの良い天気で、風もほとんどなく、登り始めてからわずか10分で、じわ~と汗が。

着ていたジャケットを脱いで、こまめに水分補給。

すると、雪が少し残っていました。

年末に少し雪が降ったようですね。


山頂付近のお寺の周辺も薄っすらと雪が残っていました。


山頂で記念写真(パシャ!) 


昔は腕組んで写真撮るのが嬉しかったけど、今は妻の腕がただただ重く感じるだけというのはわたしだけでしょうか・・・?

食堂で昼食を食べようとしたら、先ほど写真を撮っていただいたお父さんと娘さんと向かい合わせになって、一緒に楽しく談話しながら昼食を。

この親子、奈良から大和葛城山に登って、金剛山まで来られたようで、毎年金剛山に来られているみたいなんですが、元旦は雪が期待できるらしいんですが、こんなに雪が積もっていないのは
初めてのようです。

楽しい昼食タイムを終え、お世話になった親子とも、また何処かでお会いできることを願って、お別れ。

久しぶりのトレッキングはちょっと疲れました。

でも、これから元旦は金剛山に行こうかな。

2016年12月19日月曜日

大人の遠足in宇治

昨日は、大人の遠足で「宇治」に行ってきました。

今回は、参加者7名と、こじんまりとJR宇治駅をスタート。


道中、美味しそうなお店がいっぱいあって、スタート後わずか15分で、カスタードと抹茶のコラボスイーツを

モグモグモグ!!

六条庵というお店なんですが、ここの店長さん、とってもノリが良くて、写真撮影に入ってくれました。

美味しかったなあ。


ちょっとエネルギー補給したので、元気元気良く、宇治川を渡って歩き出します。 


はじめてに向かったのは「放生院」という寺院で、別名「橋寺」。

昔、この寺院が宇治川の管理をしたことから「橋寺」とも言われるようになったみたいです。

こちらの境内には、般若心経が刻まれた大きな滑車があり、これを一回りさせると、経を読んだことになるようで、一回りさせながら、皆で、今年の反省と、来年からのお願いごとをしました。



次に向かったのは「宇治神社」。

国の重要文化財にも指定されている神社で、菟道稚郎子命(うじのわきのいらつのみこと)を祀っている神社なんですが、昔、彼の兄であった大鷦鷯尊(おおさざきのみこと)と皇位の譲り合いをしていたんですが、兄に天皇になってもらいたかったため、自害したという言い伝えがあります。

その兄というのは、のちの仁徳天皇。

もともとは、菟道(うじ)だったんですが、その後「宇治」になったとか。



本殿の横には、伊勢神宮のお札を飾った一角が。

昔から伊勢神宮は神様の頂点とされていますが、当時、遠方の人はなかなかお参りに行けなかったので、こうして伊勢神宮の方向に向かって手を合わせる場所を作っていました。


次に向かったのは、世界文化遺産にもなっている「宇治上神社」へ。

そして、本殿では、「菟道稚郎子命(うじのわきのいらつのみこと)」、兄の「仁徳天皇」。そして二人の父である「応神天皇」をお祀りしています。


もう12月も半ばというのに、まだ綺麗に残っていた紅葉。

その下で紅葉にも負けないぐらい綺麗な美女たちのショット!


ここからは、プチ登山。

っと言っても、宇治上神社からわずか20分で山頂近くの展望台に到着。

上から見る平等院。



そして、1時間ほどのプチ登山が終わって次は「興聖院」に。



この寺は、日本で最初の曹洞宗(禅宗)の寺で、中庭がまた綺麗なんですよ。


落葉がとっても綺麗な場所があったので、記念写真(パシャ!)


興聖院の正門近くにあった大きな木。

よく見ると枝にいっぱい草が生えてて、皆、興味津々!!

「とうかえで」という木のようなんですが、実に立派な木でした。


宇治川はいつ来ても綺麗なあ!

ゴミが落ちてないんですよ。


この日、見所がいっぱいあったせいか、予定していた通りにいかず、宇治川を守ってくれている天ヶ瀬ダムに行くのは断念して昼食。

宇治川沿いにある「京料理・宇治川」で天ぷらそばを食べました。

食べているときだけ静かな女子たち。


美味しかったなあ。

茶そばもっと食べたかった~。


宇治と言えば「平等院」。

食後に平等院に行きました。


2年前に改修工事が終わった鳳凰堂。

なんとも言えない味のある朱色の柱。

平等院は、皆が極楽浄土へと導いてくれる寺院。

鳳凰堂の横にある資料館では、鳳凰堂の中を復元した壁画があり、これから他界しようとする人を沢山の菩薩が天から雲に乗って迎えに来る絵が描かれていて、何故か分からないけど、気持ちが安らぐというか、癒される?というか、不思議な気持ちになりました。

館内は撮影禁止なので、お見せできないのが残念。


平等院の鳳凰堂、それに資料館を堪能した後、女子お待たせのスウィーツタイム。

まずは「抹茶ソフトクリーム」

この日、気温も高く、穏やかな天気だったので、美味しかったです。

また、食べてるときだけ静かな女子たち。


お次は「抹茶たこ焼き」。

抹茶を生地に練り込んであって、皆、口の中が真緑色。


次は「抹茶だんご」。

もう抹茶尽くしのスウィーツタイム。


そして、解散前に「抹茶コロッケ」を買って帰りました。


解散前に「こんな山のカッコで来なくてもよかったやん!」っと女子たち。

ごもっとも(-_-;)

1日のうち、一番動かしてたのは口と胃かも・・・。

でも、抹茶をこれでもか!っというほど堪能できた1日でした。

皆さんお疲れさまでした。